子供が小さい時の転職について。子供が小さい時の転職はどんな事に注意が必要ですか?

ほとんどの看護師は、出産をきっかけに転職や離職を考えています。
独身の頃というのは、自分の事だけ考えていればいいので、どんな働き方にも対応する事ができます。
不規則な勤務体制でも残業が多くても、問題なく働く事ができます。
しかし、子供が出来るとそのようにはいきません。
全面的に家族が協力してくれるのであれば、働き方を変える必要はないかもしれませんが、
そのような環境の方はごく稀です。
独身の頃には、何の支障もなく働く事ができた環境でも、子供が出来てみるといろいろな悩みが持ち上がってきます。
例えば、子供の急病で急な休みを取る事が増えた。
保育園のお迎えに間に合わないから、残業をする事ができない。
夜に家を開ける事ができないので、夜勤ができない。
など、いろいろな事が問題になります。
そして、そのような要求をする事で、上司やスタッフに文句を言われたり、嫌な顔をされる事もあり、
働きにくい環境になってしまう可能性があります。(>_<)

 

子供が小さいうちは、子育てしやすい環境の職場を選ぶ事が大切です。
転職する際の職場選びのポイントは、ママさんナースが沢山働いているかどうかです。
そのような職場は、子育て環境が整っていたり、子育てに理解がありますから、子育てと仕事を上手く両立させる事ができます。
それと、上司の子育てに対する理解度も重要です。
上司が子育てに理解があれば、困った時に助けて貰う事ができます。
それに、シフトを作るのは上司ですから、上司が子育てに理解がないと、休みの希望をなかなか通して貰う事ができません。(=Q=j
職場を選ぶ際には、必ず事前に職場を見学して、スタッフの雰囲気を確認する事もとても重要です。
そうする事で、失敗しない職場を選ぶ事ができます。(^_=j=・&