看護実習は楽しい?ツライ?

看護実習に関しては、正直辛い思い出のほうが多くあります。看護実習では、毎日毎日記録に追われて深夜遅くまで記録を書いていました。記録も考えてかかなければいけないためとても時間がかかります。次の日までに書かなければいけないため必死にやりました。実習先にはいろいろな看護師の指導者さんが居た中で、いい人も多くいますが、とても厳しい指導者さんもいました。実習を始めるにあたって一日の目標やスケジュールを言うだけでもだめだ部分を探して怒られ、わざと無視されたり、寝ずに頑張った記録をすべて書き直しといわれることもありました。そんなときにとても助けになったのは学校の先生です。記録のことだけではなく実習での出来事に新味に相談にのっていただきました。先生は人生の先輩だけではなく看護師としても同じ思いを乗り越えてきていたため私たちの思いを受け止めており、そのことがとても印象に残っています。
その中でも楽しいこともあります。看護実習生はほかの看護師に比べると一人の患者様にずっとついて実習をするため、病棟の看護師ではできないような時間の使った細かなことを多くできます。例えば、毎日足浴をしたり、痛みのある患者様には一日付き添って背中をさすったり近くに寄り添ったりすることができます。患者様にとってはまだ未熟な看護学生に処置や介助をされることはマイナスなことしかないと思っていましたが、その人のためにいろいろなことをすることによって、退院時や実習終わりには患者様から、実習生に受け持ってもらえてよかったよっとお声をかけてもらうことがたくさんありました。中には涙を流していただいた患者様もいます。患者様のありがとうっという一言をもらうことで、辛いことも多くありましたが、やっててよかったという思いがあり、その言葉や表情が今でも私にとっての宝物です。